未分類

【レシコレ】レシートで懸賞に応募!Amazonギフト券が当たる☆アプリの詳細と使い方

【追記】
レシコレのtwitter「レシクマ」より、レシコレサービス終了の案内が出ています。魅力的なレシートアプリだったのでとてもショックです。今まで楽しませていただきました。ありがとうございました。

  • 5/31まで通常通りサービス稼働
  • 6/1以降レシート投稿を停止
  • 6/3最終抽選実施
  • 6/30当選確認メール受け取り可能期間
  • 7/1以降最終分ギフトコード送付、データ削除

「レシコレ」とは?

レシートで最大総額100万円の懸賞に応募することができるアプリ「レシコレ」。レシートコレクションの略です。日本国内在住の方で17歳以上であれば誰でも無料で利用することができます。

はちさん

すっごく簡単に言えば、捨てるだけのレシートを画像読み取りを行い、応募することで、賞金(Amazonギフト券)がもらえるってことです。

過去の当選例

はちさん

レシートを応募すれば、賞金がもらえるのは分かったけど、どのくらいの金額がもらえるの?

このアプリを知った当時の私はこう思いました。

記事作成時の当選結果をいくつかまとめます。

回数当選番号賞金総額当選口数当選金額
(1人あたり)
12月1回目148100000円64口1562円
11月3回目574100000円58口1724円
11月2回目507100000円75口1333円
11月1回目269100000円60口1666円
10月3回目678100000円32口3125円
はちさん

1000円代の当選金額が多いですが、3000円、4000円という回もありました。7月1回目は何と10000円の当選金額だったようです!

賞金総額は最大100万円ですが、ここ最近は10万円のことが多いようですね。その他レシートアプリに比べると利用者が少ないのかも知れません。利用すればするほど当選確率が上がっていくのがレシコレの魅力でもあります。

レシコレの使い方

スーパーやコンビニ、その他どんなレシートでも応募可能です。買い物に行ったり、外食に行ったら必ずレシートをもらって帰りましょう。

レシコレの応募方法

当月中のレシートなら応募可能です。

例えば、今が12月20日だとしても、12月1日や12月5日のレシートがあれば応募可能です。
  • 日付
  • 商品名
  • 合計金額
  • 電話番号

が入ったレシートが応募対象です。破れていたり、印字が薄いなど読み取れないレシートは対象外です。
TOP画面にある撮影ボタンを押し、レシートの撮影を行います。レシートと撮影するスマホなどが10cm以内になるようにするのがおすすめです。
レシートの撮影を終えると、日付と応募番号の確認を行い「応募する」ボタンを押すことで完了です。

レシコレの応募番号とは?

レシコレではレシートの合計金額の下3桁の数字が応募番号になります。

レシコレの応募上限

レシコレでは1日あたり1枚のレシートを応募することができます。ですがチケットを利用することで1日あたり2枚応募することができるようになります。
※レシートを撮影した日ではなく、レシートに記載されている日のことです。とある日にまとめて応募することも可能です。

チケット入手方法

「SNS(twitter)」ボタンをクリックし、twitterと連携します。レシコレアプリの紹介ツイートをすることで同じ日付のレシートで応募できる回数を2回に増やすことができるチケットがもらえます。

チケットを使う際は「Ticket」ボタンを押し、応募口数を増やしたい日付を選ぶことで増やすことができます。(1日あたり最大2口応募まで)口数が増えるので1日あたり2枚応募していくのがおすすめです。

マークの見方

実際の私のチケット画面を見て解説します。
12月4日(赤丸)のような場合
→1枚レシートを応募済み(チケットを使えばもう1枚応募できる)
12月7日(青丸)のような場合
→2枚レシートを応募済み(チケットを使ってもこれ以上応募できない)
12月19日(緑丸)のような場合
→レシート応募をしていない

できるだけ1日あたり2枚応募したいですが、そうは言っても無駄な買い物をするのは節約にならないですからね(´・ω・‘)

レシコレの賞金決定方法

賞金は応募したレシートの総数により変動します。

応募レシート総数懸賞総額
250万枚100万円
200万枚70万円
100万枚50万円
50万枚40万円
10万枚30万円
1万枚20万円
1000枚10万円
1~999枚5万円

レシコレの抽選方法

毎月3回(1日、11日、21日)抽選が行われます。当選番号は日経平均株価の下3桁です。当選した人たちで賞金を山分けします。(端数は切り捨て)

レシコレの当選確認と申請方法

アプリのお知らせ欄に抽選結果がお知らせされます。ここで確認するか、「当選結果」ボタンを押して確認します。当選していた場合「Mail」ボタンが押せるようになるので、受け取るメールアドレスを入力します。後日Amazonギフト券が届きます。

当選商品受け取り可能期間は、原則当選番号決定日から2ヶ月以内です。この期間を過ぎると当選権利がなくなります。

効率よく応募する方法

レシコレでは、応募したレシート番号は一度当選するまで有効になります。(当選した場合は当選月までの応募番号は今後無効になります。)

はちさん

つまり応募しつづけていればいつかは必ず当たるってことです。

twitterでレシコレの紹介をして、チケットをもらいましょう。(毎日1回もらえます。)レシートが2枚あるときは必ずチケットを使い2枚応募しましょう。応募の際は応募番号も意識してみるといいかもしれません。

例えば・・・

レシートが3枚あるとします。
・1111円のレシート
・2216円のレシート
・2325円のレシート
チケットを使用し、今日提出できるレシートは2枚です。この時どのレシートを諦めるのがベストか?

私なら2216円のレシートを諦める(捨てる)ことにします。その理由は108円×○の応募番号は割とよく集まるからです。100均に行く方はすぐに集まるでしょう。
複数枚お買い物した時には、応募の際応募番号として集まりにくそうなものを選ぶといいかもしれません。

応募した番号は自分でも確認ができます。


応募番号のブロックが落ち、絵がどんどん見えるようになります。ただちょっと具体的な数字は分かりにくいので「応募番号一覧」をクリックします。


自分の応募番号が確認できます。

レシコレ注意点

ログインを60日間行わなかった場合、解約とみなされてしまいます。スマホを機種変更する際など、引き継ぎ申請を行う前にアンインストールを行った場合も解約とみなされてしまいます。

対応OS

iOS 9.3 / Android 4.2以上(一部非推奨機種あり)

レシコレ禁止行為

  • レシートの改ざん、修正などを行ったレシートでの応募
  • 返品したレシートでの応募
  • 他のユーザーにより応募されているレシートでの応募

などありますのでお気を付けください。詳しくは「Help」の「懸賞ルール」からご確認ください。

レシコレ当選しました

レシコレを始めてから約4ヶ月、念願の当選を果たしました。

その他レシートアプリの紹介

レシコレはいつ当たるかドキドキといった楽しみがありますし、当たると割と大きな金額もらえます。ですがコツコツポイントが貯まっていくわけではありません。

ここからは私が利用しているおすすめのレシートアプリをちょこっと紹介します。

どんどんポイントが貯まるイチオシアプリ「CASHb」

事前にエントリーをし、対象商品を購入。レシートと対象商品のバーコードを読み取りでポイントがもらえます。

CASHbの記事をチェックする

ファーストフードなどが無料で食べれる「itsmon」

CASHbに比べると、「どのメーカーでもOK」商品は少ないですが、itsmonの最大の魅力はポン活商品とかぶる場合があることです。ポン活との併用で、お小遣い付きで商品が買えることもあります。また、ポイントサイトのように案件があるので、がっつりポイントを貯めることもできます。
貯めたポイントはケンタッキー、モスバーガー、サーティワン、ミスタードーナツなどで使えます。これら以外にもポイント交換先がたくさんあり、魅力的です。

itsmonの記事をチェックする

ちょっと手間は増えるけど、確実に貯まっていく「CODE」

  • レシート撮影+対象商品のバーコード読み取りのCASHb
  • レシート撮影のitsmon
  • レシート撮影のレシコレ

に比べると手間は増えます。レシート撮影と全商品のバーコード読み取りが必要なCODE。正直めんどくさいと感じることもありますが、こつこつと確実に貯まっていくおすすめのアプリです。豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできるのでワクワク感もあり、楽しいです。

CODEの記事をチェックする

レシートアプリは併用が可能

レシートアプリは併用が可能がことが多いです。1枚のレシートがどんどんポイント(お金)になっていくわけです。

はちさん

もちろん私も併用して利用中です。

まとめ

レシートで懸賞に応募できるアプリ「レシコレ」を紹介しました。あくまで懸賞なので、CASHbなどのように、対象商品を購入したら「はい、10ポイント」といったようにサクサクとは貯まっていきません。ですが、カシャッとスマホで撮るだけのほんの少しの手間で、当選できる可能性があるなら、私はやってみたいと思いました。無事当選しましたし、再度当選を目指してまたコツコツ応募したいと思います。